FMB GEN20g 徹底レビュー

Pocket

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村

年明けの仕事はつらいものですよね(/・ω・)/

連休に向けて頑張りましょう_(:З」 ∠)_

さて、初浮きもZENが大活躍してくれましたが、、、

もう一つのほうも、昨年12月に登場してから、けっこう売れているようです|д゚)

そう、FMB GEN(源)、メタルバイブレーションです。 kayak55.com のお客さんの層としては、シーバスやバスをやられる方も多いので、こちらの方に興味を持っている方も多そうですよね。

今回は、そんなFMB GENのインプレをしたいと思います。

ちなみに、FMB ZENのレビューは以前書かせていただきました( *´艸`)

FMB ZEN120g 徹底レビュー | プロペルでGO!!

FMB GENとは

FMB GENはZEN同様に、カヤックフィッシャーマンでもある、FMB Japanのトモさんが作ったメタルバイブレーションです。現在、サイズは1つだけで重さは20gのみとなっています。

ただ、今後10g・30g・40gなどのその他のサイズも展開を予定されているので、今後の展開に注目したいです。

簡単な概要は以下の通りです。

FMB GENは鉛より少し軽く、強度を持つハイブリッド合金製メタルバイブです。環境に良い素材です。
特徴は絡みが少なくストレスフリーに投げられる点。
前方アイホールは早巻き時、アクションリトリーブ時。後方アイホールはレギュラーリトリーブ時に。
付属のスナップやスプリットリングよりも大型のスプリットリングも使える穴のサイズなのでチューンして大型魚に対応させることもできるようになっています。
シーバスはもちろん、回遊魚、根魚ハタゲームまで幅広い魚種が狙えます。

パッケージより引用

ZEN同様にハイブリッド合金製なので、万が一ロストしてしまっても鉛害による海洋汚染のリスクを減らすことができます。

むしろ溶け出したとしても、それが栄養分となって海を豊かにしてくれる作用があります。

メタルバイブレーションというと、冬の横の釣りのイメージをしてしまいがちです。もちろん、メインは横の釣りなのですが、思いのほかいろいろな釣り方を楽しめるバイブレーションとなっています。

あとは、見た目的に非常にかわいらしいですよね。よく見ると、目の中に「FMB」と刻まれています。見た目がかわいいので、フックを外してキーホルダーとして持っている人もいるほどです。

個人的なFMB GENでの釣果

ブログ内では、年末1回の釣行だけでしたが、事前にテスト版などをFMBのトモさんから受け取っていたので、何度かZENの釣りの合間にテストとして使っていたことがあります。

とはいえ、冬目前だったので、なかなか厳しい戦いでしたが。。。

  • ヒラメ     2本
  • マゴチ     2本
  • イナダ     1本
  • シロサバフグ  1本
  • エソ      1本

そして、バラしたのがこれです。

  • シーバス(ランカークラス)    1本

試行回数が少ない割には、結構釣れているような気がします。ちなみに、イナダとシロサバフグ、エソは製品版ではなくテスト版での釣果です。

FMB GENのカラー展開と個人的なおすすめカラー

カラーは全部で10色あり、kayak55.comではベーシックなカラーが人気ですが、個人的には次の4つがおすすめです。。

僕イチオシはブラックアジです!

FMB ZENの時も書いたのですが、やっぱり黒っていつでもどこでも視認性が高いので目立つカラーなんですよね。

なので、黒系があったら選んでしまいます。パイロット的な役割ができるので個人的に大好きです。

ちなみに、GENを作ったトモさんもブラックアジをおすすめしています。

次におすすめなのが、ゴールデンブラックグロー。

ブラックにゴールドとグローという美味しいものてんこ盛りなカラーです。

パープルグローもおすすめです!というか、個人的に黒や緑金にならんでパープルカラーは何となく釣れるように感じて、選んでしまいがちです。

釣れようような気がする・・・というのは非常に大事ですよね。最終的には、この気持ちだけで投げ続けているうちに本当に釣れてしまうことが多いような。。。

レインボーは、普段なかなか選ばないのですが、、、この色で釣りたい!と思わせてくれるカラーです。

女性ではありませんが、とにかくかわいいは正義で、ついつい手に取ってしまいがち。こんなカラーのルアーで釣れればいいなと期待してしまいます。

FMB GEN インプレッション~フロントアイは早引き向け~

FMB GENは、フロントとリアの2か所にアイホールがあります。メタルバイブレーションをよく使う方は、もう書くまでもありませんが、フロントホールに結ぶことでメタルバイブレーションをより平行に近く引くことができるようになります。

引き抵抗も小さくナチュラルに泳ぎます。さらに、浮き上がりにくいので、特にナブラなどが起こった際の早引きなどがおすすめです。

ナブラが沈んでしまう前に、手返しよくアピールできるのできるでしょう。

FMB GEN インプレッション~リアアイはメタルバイブらしい動き~

リアホールにセッティングすると、ブリブリとしたアクションの強い動きをします。リアホールにセッティングすると、メタルバイブレーションがより斜めに泳ぐようになるので、ボトム付近のただ巻きでも、根がかりしにくいというメリットがあるでしょう。

また、リフト&フォールをする際にも、アクションの強いリアホールのほうがアピール力が高く、魚がついついリアクションバイトをしてしまいやすくなります。

メタルバイブレーションの本懐は、リアクションバイトです。底にたまりやすく、動きが鈍い・食欲のない魚に口を使わすためには、特にメタルバイブレーションは効果的。そのため、FMB GENでも通常使用としては、このブリブリ感の大きなリアホールが通常使うホールとなっています。

FMB GEN インプレッション~フォールを長く見せられる~

FMB ZENとも共通するのが、材質がハイブリッド合金製なので、フォールが鉛に比べてゆっくりということです。

リフト&フォール、ストップ&ゴーなどの「静」と「動」の釣りの場合、「静」で見せることが非常に重要となります。食わせるための判断をさせる時間を長くとれます。さらに、ゆっくり落として急に動かすことでリアクションバイトを誘うなど、「静」の長さが続く「動」のアピールを大きくしてくれるのです。

同じ水深でのフォールの長さが、1秒、それ以上短いコンマ数秒だったとしても、その差は顕著にあらわれます。

FMB GEN インプレッション~糸がらみが少ない~

メタルバイブレーションでの多いトラブルとして、糸がらみがあります。もちろん、ラインテンションをかけて、カーブフォールさせるなどの回避方法がありますが、フリーフォールのほうが、魚に対して効果的であることも少なくありません。

特にリフト&フォールでは、フリーフォールが肝となることも。FMB GENは、糸がらみが最小限になるよう設計されているので、フリーフォールさせてもほとんど糸がらみしないという特徴があります。

実際に、シャローフラット狙いで半日使い倒したときは、PEラインで大きなリフト&フォールを何度もやっていましたが、まず絡みませんでした。

絡んでしまうと、せっかくの1投が台無しになるので、糸がらみが少ないのは非常にありがたいです。

FMB GEN インプレッション~根魚も結構釣れる~

これは、まだ僕もここまで使いこなせていないのですが、FMBのトモさんが開発段階で、非常に多くの根魚(ハタやカサゴ類)を多く釣りあげています。

ジャーク時の波動が大きなことから、ちょっと離れていたとしてもかなりのアピール力があるのでしょう。

特に根魚は派手な動きが好きなので、近くにいたら高確率で食ってくるみたいです。

FMB GEN インプレッション~縦の釣りにも使える~

メタルバイブレーションというと、横の釣りが一般的ですが、点ての釣りでも十分使えるのがFMB GENです。

糸がらみが少ないという特性から、ある程度深さのあるところで真下にフリーフォールさせて、ジャーク&フォールでメタルジグライクに魚へアピールさせることができます。

メタルジグでいいじゃんとなるかもしれませんが、そもそもジグの動きとまったく異なりますし、なによりメタルバイブでジギングして魚を釣るなんてとても面白いじゃないですか。

FMB GEN インプレッション~意外におすすめシングルフックチューン~

FMB GENをそんな縦の釣りで使いたい場合におすすめなのが、シングルフックチューンです。トレブルフックだと、どうしても根がかりが気になってしまうので、シングルフックに交換しておけば根がかりを抑えることができます。

ちなみにアシストフックは、絡まりやすいのでおすすめできません・・・・。(実体験)

また、縦の釣りだけではなく、横の釣りでもシングルフックで使うと、根が多い場所でも積極的に使えるようになるのでアリです。(ラインの根ズレにはお気を付けください)

シングルじゃなくても、ダブルフックでも根がかりを抑えることができるのでいいかもしれませんね。

FMB GENを買うには

FMB GENは、実はアマゾンや楽天市場でも購入できるのですが、現状FMB GENのラインナップはありません。

東京湾のシーバス乗り合い船で置いてくれている場合もありますが、現状手軽に購入するならkayak55.comがおすすめです。実際、けっこう売れており、何度か再入荷していますがすぐに売り切れになるカラーもあります。

kayak55.com のホエールさんこと、赤澤さんもブログにインプレ書いてくれているので、そちらもぜひご参考ください。

また、FMBのトモさんと共通の友達であり、仲良しのNidhoggの橘さんもFMB GENのレビューを動画で分かりやすく作ってくれています( *´艸`)

橘さんは、身に着けたくなるような格好いいアクセサリーもたくさん作っていますのでよかったらのぞいてみてください((´∀`*))

Nidhogg Hand made Accessories

それでは(/・ω・)/

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 今年も宜しくお願いします。
    結構近くなのですがカヤック55さんにまだ行ったこと無いんですよねぇ。
    メタルジグもこの子もちょっと見に行ってみようかな。。

    • amaroneさん、今年もよろしくお願いします((´∀`*))

      あら、てっきり常連さんかと(笑)

      お近くでしたら現物ぜひ見てください!
      物はすごくいいですので((´∀`*))

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA